新型コロナウイルス対策

当院では院内感染を防ぐため、また、ご来院いただく患者様に安心して受診いただくため、さまざまな感染予防対策を実施しております。

手指消毒

院内各所に消毒液を設置しておりますので、移動したり入室する際には手指消毒のご協力をお願いいたします。
スタッフも定期的に手指消毒を行っております。

スタッフ

毎朝、出勤時に検温を実施し発熱(37.0度以上)がないことと
体調確認のチェックリストを用いて体調に問題がないことを確認しています。
また、マスクと手袋を着用し感染予防につとめています。

受付

受付カウンターに飛沫防止のパーテーションを設置しております。
また、ロビーは一定時間ごとに換気をして空気の入れ替えを行っております。

病院入口

顔認証で体温を測定するシステムを導入しており、病院の入り口で体温を測っていただきます。
同時に体調確認もさせていただいております。
また、消毒液も置いてありますので、手の消毒をお願いいたします。

※AI検温モニタ KAOIRO(カオイロ)について※
 人工知能(AI)による顔認証技術を活用した「高速体温測定システム」です。
 体温計の受け渡しなど人と人との接触防止にも有効です。
 マスクをつけたままでの検温が可能で、1秒以内に素早く測定できるため、
 一人一人に時間をかけることなくスムーズに検温できます。

 感染疑い患者について

感染疑い患者は通常の診察室とは別の診察室へご案内します。
その際、病院の入口からではなく感染疑い患者専用の入口から入っていただくことになります。
スタッフの誘導に従ってお入りください。

感染疑い専用診察室

感染疑い専用の診察室では十分な換気と消毒を実施しています。
また、ジアイーノと空気清浄機が常に稼働していますので、清潔空間を保った状態となっております。

感染疑い患者の診察~会計

医師と看護師は専用の装備を装着して診察いたします。
また、診察後の会計、処方箋のお渡しなどはご自身の車で行いますので、お車で待機お願いいたします。

診察時のカルテ入力

通常の診察室では医師の隣にカルテを入力する事務員がいますが、感染疑い専用室では事務員を配置していません。事務員は通常の診察室からアレクサを通して医師の指示を聞き、カルテを入力します。
こうすることで人と人との接触機会を減らすようにしています。

オゾン発生装置について

待合ロビーに設置し常に稼働させております。

 

アームハンドルについて

手が触れることの多いドアノブなどは、直接触ることがないようアームハンドルを使用しております。

感染症検査機器:ID NOWについて

当院では感染症の検査機器としてID NOWを2台導入しております。
約13分ほどで結果がでます。(100%の診断ではないことをご理解お願い申し上げます。)

 

感染症検査機器:Smart Geneについて

当院ではIDNOW2台に続きSmart Gene(スマートジーン)を導入し必要に応じて検査を行っております。

 

入院患者さんには全員に遺伝子検査を行っています

ID NOW(新型コロナウイルス感染症の迅速遺伝子検査機器)を使用して、入院患者さん全員に遺伝子検査を実施しています。

 

入院患者さんへの面会制限について

原則面会禁止とさせていただいております。
やむを得ず面会する場合も感染対策を実施しておりますので、ご協力お願いいたします。
詳しくは以下ご参照ください。

 

 

 

受診される患者様へ

当院では様々な感染対策を行っております。また感染疑いの有無に関係なく、すべての患者様の院内滞在時間を短くできるように心がけております。また、受付をされる前の入り口では発熱がないか、嗅覚、味覚障害などがないか、などその他の項目も含め問診させていただいております。項目に一つでもあてはまる場合には発熱外来専用の診察室で診察を行います。感染対策にご協力をお願いいたします。

 

 

 

ページの先頭へ
LINEで受診予約