広島県福山市の耳鼻咽喉科なら堀病院へ。鼻の手術・耳の手術も可能です。

084-926-3387084-926-3387
電話での
問合せはこちら

診療時間

・午前 8:30~12:00 ・午後 15:00~18:00
(土曜午後・日曜・祝日 休診) ※木曜午後 眼科のみ休診

病院紹介

病院紹介

病院紹介

当院は昭和51年の開院当初から外来~手術までの一貫した治療を続け来ております。
平成26年には病院建物を新築し、患者様にとっていい医療を提供するための研鑽を続けております。

当院の沿革

昭和51年11月  19床で耳鼻咽喉科 医院開院
昭和56年1月   39床に増床・移転し耳鼻咽喉科 病院となる
平成12年8月   法人化
平成23年2月   東手城に分院(東手城医院・院長 平木信明)を開設
平成23年4月   医療法人を 宇高 毅が継承
平成25年4月   法人名を 徹慈会 に変更
平成26年11月 新病院完成 病床数35床に減床
平成27年4月   眼科 開設
平成31年4月   内科 開設
令和2年7月  東手城に2施設目となる分院 形成外科・皮フ科 東手城クリニック を開設

治療実績

耳鼻科 手術件数

平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和1年 令和2年 令和3年
a)耳科領域
鼓室形成術 61 47 68 55 59 72 78 62 73 59 54 62
アブミ骨手術・
アブミ骨可動化手術
1 2 1 0 0 1 3 2 5 4 5 3
鼓膜形成術 1 1 4 3 5 2 1 4 5 4 1 8
乳突削開術 61 31 61 40 40 26 21 11 26 23 18 23
先天性耳瘻管摘出術 0 1 0 2 1 2 1 3 3 2 2 1
鼓膜チューブ留置術 0 0 0 0 11 4 12 13 9 16 11 13
b)鼻科領域
鼻内副鼻腔手術
(内視鏡下)(側)
15 145 180 226 282 316 286 316 387 395 476 414
翼突管神経切除術(側) 2 12 67 66 98 127 96 106 84 138 150 156
下鼻甲介切除術・
鼻甲介切除術
3 66 103 104 133 170 187 238 254 332 522 479
鼻中隔矯正術 7 44 67 70 104 125 104 138 148 196 229 213
眼窩骨折観血手術 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
涙嚢鼻腔吻合術
(DCR) 鼻内法
0 0 0 0 0 3 0 2 1 2 0 5
c)口腔・上中咽頭領域
口蓋扁桃手術 0 9 11 17 28 30 39 34 26 37 24 25
アデノイド切除術 1 0 2 1 5 6 1 3 0 2 0 0
舌腫瘍手術 0 2 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0
中咽頭腫瘍摘出術 0 0 1 1 1 5 1 0 1 2 5 1
d)喉頭・気管支・
下咽頭・食道領域
声帯ポリープ切除術
(喉頭鏡)
0 4 7 8 10 13 13 17 21 22 15 16
喉頭腫瘍摘出術
(直達鏡)
0 1 5 2 2 2 2 0 0 4 2 2
e)顔面・頸部等領域
唾液腺腫瘍手術 1 11 3 4 5 13 11 16 15 11 6 9
唾石(含顎下腺)摘出術 0 3 3 4 3 4 4 2 3 8 3 4
頸瘻・頸嚢摘出術 0 1 1 2 2 0 1 2 0 0 2 1
甲状腺腫瘍摘出術 0 1 1 0 0 1 0 1 0 2 3 3
リンパ節摘出手術 0 1 0 1 0 1 1 1 0 0 1 1

医師紹介

耳鼻咽喉科医師紹介

宇髙 毅(理事長・堀病院 院長)

愛光高校卒。平成8年産業医大卒。産業医大助教、九州労災病院耳鼻咽喉科部長、熊本労災病院耳鼻咽喉科部長を経て、平成22年10月より当院に勤務。

論文業績はこちら

平木 信明(東手城医院 院長)

福岡県立小倉東高校卒。平成11年産業医大卒。産業医大助教、浜松労災病院副部長、熊本労災病院副部長を経て、平成23年2月より東手城医院に院長として勤務のほか、本院でも耳鼻咽喉科の外来診療や手術を担当している。

論文業績はこちら

吉田 充裕(堀病院 副院長・耳鼻咽喉科部長)

灘高等学校卒。平成14年京都大学医学部卒。京都大学医学部付属病院、倉敷中央病院耳鼻咽喉科部長、大阪市立大学耳鼻咽喉科講師を経て、令和4年1月より堀病院勤務。

河野 達也(堀病院 副院長・頭頸部外科部長)

愛光高校卒。平成17年岡山大学医学部卒。岡山大学病院、広島市立病院、四国がんセンターを経て平成31年4月より堀病院勤務。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 手術顧問

上田 成久(専門:鼻科学、内視鏡下副鼻腔手術)

福岡県立小倉高校卒。平成4年 東北大学卒。産業医大 耳鼻咽喉科 講師を経て、平成20年 北九州総合病院 耳鼻咽喉科部長。

宮崎 日出海(専門:耳科、神経耳科、聴神経腫瘍手術)

開成高校卒。平成5年 東京慈恵会医大卒。東京慈恵会医大 耳鼻咽喉科助手、平成18年 国家公務員共済組合連合会東京共済病院 耳鼻咽喉科部長を経て渡欧。
平成25年からコペンハーゲン大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 客員教授、平成27年から東京女子医科大学東医療センター耳鼻咽喉科 客員教授。
京都大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 、山形大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科学講座、慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科学教室 非常勤講師。
日本耳科学会代議員ほか、多数の国際学会評議員を兼任。

竹林 宏記(専門:鼻科学、嗅覚障害、内視鏡下副鼻腔手術、鼻腔涙嚢吻合術(鼻内法))

愛光高校卒。平成12年 兵庫医大卒。兵庫医大耳鼻咽喉科助手を経て、平成24年 大阪みなと中央病院 耳鼻咽喉科部長。
紹介記事:美蕾(2020年新春号)No.136

設備紹介

当院ではより正確な手術を行うために、最新の手術機器を積極的に導入しています。

内視鏡システム OLYMPAS VISERA 4K UHD
内視鏡システム
OLYMPAS VISERA 4K UHD

従来のハイビジョン内視鏡では実現が難しかった55インチの大画面モニターでの手術も、4K画質がもたらすクリアな画像によって、細部にわたり正確で安全な手術を可能としました。
※4K手術内視鏡システムは当院が日本初導入の機器となります。

内視鏡システム OLYMPAS VISERA 4K UHD

手術用ナビゲーションシステム Kick NAVIGATION
手術用ナビゲーションシステム Kick NAVIGATION

手術用のナビゲーションシステムです。
リアルタイムで手術器具がどの位置にあるかを示してくれ、人間の眼では見落としてしまいがちな細かな部位を安全にサポートしてくれます。

位置決定用神経探知刺激装置 NIMシステム 3.0
位置決定用神経探知刺激装置 NIMシステム 3.0

手術中に神経を確認するための装置です。鼻や耳の手術では神経の近くを操作するため、神経を確認し保存させることが重要となります。この装置は顔面神経や反回神経、迷走神経のモニタリングが可能となり、術中の神経損傷のリスクを低減し、かつ安全な手術ができる最新のモニタリング装置になります。

手術顕微鏡 Leica M525 F40
手術顕微鏡 Leica M525 F40

最先端の光学技術により、鮮明な術野を確保され、より安全に手術が行える顕微鏡です。

IPCドリルシステム
IPCドリルシステム

鼻副鼻腔手術、耳科手術に用いる装置です。種類豊富なブレード・バーを使用することで幅広い術式に対応することを可能にしています。

IPCドリルシステム

ハイスピードドリルシステム Bien Air NANO MICROMOTOR OSEEOSTAP
ハイスピードドリルシステム Bien Air NANO MICROMOTOR OSEEOSTAP

手術用のハイスピードドリルシステムです。耳鼻咽喉科領域において優れた性能を発揮できるシステムとなっております。

ORYMPUS 超音波手術システム SonoSurg(ソノサージ)
ORYMPUS 超音波手術システム SonoSurg(ソノサージ)

「超音波手術システム SonoSurg」はこれまで別々に使用が必要であった、血管等の組織を剪んで凝固切開する超音波凝固切開、超音波振動により組織を破砕・乳化し吸引する超音波吸引を1つのシステムで行える手術システムです。
これにより手術の安全性向上はもとより、手術の効率化も向上しました。

内視鏡システム OLYMPAS VISERA PRO
内視鏡システム OLYMPAS VISERA PRO

副鼻腔内視鏡手術に使用する装置です。高精細かつ広範囲な画像によりスムーズな手術が可能です。

ellman サージトロン Dual EMC
ellman サージトロン Dual EMC

サージトロンは4.0MHzの高周波により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができ、短時間の温度上昇を生み出すことにより、炭化組織を少なく抑えることができます。

永島医科器械 咽喉頭直達鏡 佐藤式 彎曲方
永島医科器械 咽喉頭直達鏡 佐藤式 彎曲方

内視鏡下による下咽頭表在癌の観察・手術に使用する器具です。 歯・顎関節・頸椎への負担も軽く、確実な診断・手術を可能にする 器具です。

スカイルック クリスタル
スカイルック クリスタル

スカイルック クリスタルは、熱による上昇気流がおきにくいLED照明灯です。
空力を意識して気流の通り道を確保したAero-Streamデザインの採用により、天井からの層流を妨げることなく、高い無菌効果を発揮します。

PAGE
TOP

LINEで受診予約