突発性難聴に対する高気圧酸素治療

突発性難聴とは?

①突然に発症する ②原因不明の ③音がほとんど聞こえない状態、という3つの特徴を持つ症状です。原因は、今の所よくわかっていません。しかし、最近の研究では聴こえの神経への血流障害やウイルスによる障害が考えられています。症状としては、突然に聴こえが悪くなったり、場合によっては耳がふさがった様な感じになって発症します。また、耳鳴りやめまいが伴うことがあります。

 

高気圧酸素治療とは?

高気圧酸素治療は高気圧酸素療法装置というカプセル型の装置に入っていただき行う治療です。
高気圧酸素療法装置で装置内の気圧を2気圧(水深10mと同じぐらいの気圧)まであげた状態で、純度の高い酸素を吸入し、体内の酸素濃度を上昇させます。気圧を上げた状態で純度の高い酸素を吸入することで、より効率的に血液内の酸素濃度が高まり、酸素のいきわたりにくい細い血管などの低酸素状態を改善します。高気圧酸素治療で体内に取り込まれる酸素は、通常の約15倍-20倍と言われています。

 

なぜ突発性難聴の治療で高気圧酸素治療が有効なのか?

耳の奥の内耳という部分にはコルチ器という音を感じる細胞が存在しています。コルチ器は代謝が早く、非常に多くの酸素を必要するのですが、酸素を届けるための血流が少ない部位でもあります。突発性難聴の原因の1つとして、このコルチ器が酸素不足になり、音が感じづらくなると考えられています。
高気圧酸素治療では酸素不足になったコルチ器に充分な酸素を供給することで、突発性難聴の症状を改善させる効果があると考えられています。

 

突発性難聴に対する高気圧酸素治療の流れ

突発性難聴の治療では、まずは外来を受診していただき聴力検査などで症状の診断を行います。
通常、突発性難聴の治療では服薬や点滴による治療を行いますが、発症からの期間や症状に応じて高気圧酸素治療を行う場合もあります。


突発性難聴は治療によって回復が期待できる数少ない難聴のひとつです。発症後約一か月で聴こえは固定してしまう場合が多いので、出来るだけ早く治療を開始することが重要です。
1回の治療はおおよそ90分程度です。15分かけて気圧を所定の値まで上げていき、60分間その状態を維持します。その後通常の気圧まで15分かけて下げていきます。

 

高気圧酸素治療を行う際の注意点

高気圧酸素治療中はカプセル内の酸素濃度が非常に高い状態であるため、物が非常に燃えやすくなります。そのため、以下のようなものの持ち込みは禁止です。
<持ち込み禁止物の例>
・燃えやすいもの:マッチ、ライター、カイロ
・機械類:携帯電話、携帯ゲーム機、腕時計、補聴器など
・アクセサリー類:指輪、ピアス、ネックレスなど
・その他:コンタクトレンズ、

 

高気圧酸素治療のよくあるご質問


Q:高気圧酸素治療にかかる費用はいくらぐらいですか?
A:突発性難聴に対する高気圧酸素治療は保険適用となります。
   1回あたりの費用は1回9,000円程度(3割負担の場合)となります。
  その他に再診料や薬をお出しする場合は処方箋料などが必要となります。


Q:高気圧酸素治療は何回ぐらい受ければいいですか?
A:突発性難聴に対する高気圧酸素治療の回数は目安として10回~30回程度で、症状に合わせて
       医師が回数を決定します。


Q:酸素カプセルと高気圧酸素治療は何が違うのですか?
A:一番の違いは気圧の違いで、酸素カプセルは1.3気圧程度までしか上昇しませんが、
       高気圧酸素療法装置では2.8気圧まで上昇させることが可能です。
      また高気圧酸素療法装置は厚生労働省の認可を受けた医療機器です。


Q:突発性難聴の治療以外での受診は可能か?
A:高気圧酸素治療は現在、突発性難聴だけでなく脳梗塞など15の疾患が保険適用の
       対象となっていますが、当院では突発性難聴以外の専門的な診察が難しいため、
       突発性難聴の治療のみを行っております。何卒ご了承ください。

ページの先頭へ