みみの痛み(中耳)

急性中耳炎

急性中耳炎とは?

3歳以下のお子さんの70~80%が一度はかかります。カゼなどが原因で鼻を経由して鼓膜の奥に細菌やウイルスが入り、急性の炎症がおきてウミがたまる病気で、一般の方が思われているような耳の外から水や菌が入って中耳炎になるのはまれなケースです。耳の痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じなどがおこります。

治療内容

原因と考えられるお鼻の処置をしています。抗生物質などの、お薬の内服をして頂きます。

注意事項

上記の治療を継続して行なってゆきます。治りが悪い場合、鼓膜の腫れがひどい場合は、鼓膜にごく小さな穴を開け液体を出したり、手術が必要になる場合があります。処置・お薬によって痛みが消失しても中耳炎は治った訳ではありません。ほとんどの場合が炎症はまだ続いています。治ったと安易に判断せず、医師からの診断が出るまでは通院を続けるようにしてください。放置しておくと、中耳炎が悪化したり、鼓膜の奥に液が溜まる滲出性中耳炎に発展する可能性があります

慢性中耳炎

慢性中耳炎とは?

急性中耳炎がひどくなり、本来自然に閉じるはずの鼓膜に空いた穴が閉じなくなって、そこから耳だれが出ている状態です。難聴や耳鳴りが起こる場合もあります。

治療内容

耳の中をきれいにして、鼓膜の穴からの感染を防ぎます。耳に直接お薬を入れて、耳だれの分泌がなるべく治まるようにしました。

注意事項

状況の改善が見込めない場合は、手術が必要な場合があります。まずは、医師の指示を守り、定期的な通院をしてください。

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎とは?

中耳炎を繰り返すうちに一部の上皮組織が増殖して耳の周りの骨を破壊する病気のことです。初期には耳漏や耳閉感などの症状のみのことがありますが、進行すると、難聴やめまいなどの症状が出現し、さらに進行した場合には顔面神経麻痺、髄膜炎(頭蓋内合併症)などに進展する場合があります。

治療内容

初期の真珠腫性中耳炎では経過観察を行うことがあります。しかし外来治療により根治する可能性は少なく、真珠腫性中耳炎が進行していくと合併症が生じます。合併症は一度生じると改善する可能性が低くなる傾向があります。
そのため真珠腫性中耳炎を完治する目的で手術治療を選択します。

注意事項

急激に悪化する場合もありますので、経過観察を行う場合でも定期的な経過観察が必要です。また手術を行っても再発することがありますので、この場合においても定期的な経過観察が必要となります。

ページの先頭へ