のどの違和感

口内炎

口内炎

原因 ・・・ 歯や不適合な歯科補綴物の刺激、口腔内の不衛生、細菌感染、ビタミン不足、ストレスなど多くの原因が考えられます。
症状 ・・・ 口腔粘膜に出現する炎症性病変の総称をいいます。数ミリ程度の灰白色様の痛みを伴う浅い潰瘍を作ります。
治療 ・・・ ステロイド軟膏の塗布、刺激となっている歯や歯科補綴物の調整で1~2週間で1~2週間で治ることが多い。

口腔扁平苔癬

口腔扁平苔癬

原因 ・・・ 明らかな原因は不明ですが、細菌やウィルス感染、ビタミン不足、歯科金属アレルギー、ストレスなどが考えられます。
症状 ・・・ 口腔粘膜にレース状、網目状の白色斑が出現する炎症性病変をいいます。びらんや潰瘍も伴うこともあり刺激痛を認めます。ごくまれにがん化することもあります。
治療 ・・・ ステロイド軟こうの塗布、ビタミンの投与、歯科金属の除去などですが、難治性であることが多いです。

口腔白板症

口腔白板症

原因 ・・・ 摩擦によっても除去できない白斑で、他の疾患に分類できないものを言います。
40歳以上の男性に多く、ガン化する場合もあります。
明らかな原因は不明ですが、タバコ・飲酒・不適合な歯科補てつ物(義歯・金属冠など)の刺激などが考えられています。
症状 ・・・ 白色の板状または斑状の病変で、周囲との境界は一般的に明らかであり、粘膜は柔軟性を失いいくぶん硬い感じです。
治療 ・・・ ビタミンAなどの投与、切除などですが、一部がガン化している場合もありますので、注意が必要です。

口腔ガン

原因 ・・・ タバコ・飲酒・口腔内の不衛生などは口腔ガンの発生リスクが高まります。
症状 ・・・ 硬いしこり、刺激痛、出血などが生じます。また首のリンパ節(頸部リンパ節)に転移しやすいので、首にしこりができる場合もあります。
治療 ・・・ 小さい場合は手術や放射線治療(放射線を発生する物質をガンの中に刺入して治療する組織内照射など)を行いますが、大きい場合は手術に放射線治療や抗ガン剤を組み合わせた治療になります。
ページの先頭へ