膿のような鼻水・ほほの痛み

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎とは?

慢性副鼻腔炎(ちくのう症)は、カゼや虫歯、顔面の怪我などを原因として発症する副鼻腔(鼻の周囲、頬の奥や眼の奥にある骨で囲まれた空洞で、鼻の穴とつながっています。)の炎症、急性副鼻腔炎が治り切らないで慢性化してしまったものです。炎症が続くことにより、鼻の粘膜が腫れて、副鼻腔の空洞にウミやはがれた粘膜がたまります。症状として頭痛、顔面痛・顔面腫脹、黄色や緑の鼻汁、鼻づまり、においが分からないなどの鼻症状かみられます。炎症が強い場合は、視力障害や髄膜炎(脳膜炎)を引き起こすケースがあります。鼻水がのどにまわり、のどの炎症や気管支炎がおこることもあります。ちくのう症はくり返す中耳炎の原因ともなります。

治療内容

  1. ちくのう症の治療は、数回の外来治療で治すことは困難で、治療期間はある程度長くなります。(特に副鼻腔にカビが存在する場合はなかなか治らず、手術が必要になるケースが多くあります。)
  2. 2~3週間は集中的に通院して下さい。(毎日通う必要はありません。)。ある程度炎症が治まれば1~2週間に1回の通院で十分です。しかしながら、個人差がありますが、2~3ケ月の治療期間が必要です。
  3. 治療は、通院によるお鼻から副鼻腔をきれいにする処置に、ネブライザーによる薬の吸入と、ご自宅での薬局から出されたお薬の服用です。長期間の内服が必要となりますので、主にマクロライド系の抗生物質の少量投与療法を行います。(新しい治療で、長期間の内服でも安全です。)
  4. 治療の終了は、症状の改善をみて、鼻茸(ポリープ)が消失、または鼻の中の腫れが治まれば、完全に治った状態です。
  5. 鼻の処置や内服治療でなかなか治らない場合は手術となります。ただし高血圧症など循環器系の異常を持っているケースが多い60歳以上の方には、あまり手術をお薦めすることができません。
  6. 副鼻腔手術は、ひと昔前は顔の皮をめくって、顔面骨を削るという手術法でしたが、今は内視鏡下副鼻腔手術が主流です。この手術法により、手術中、手術後の痛みがかなり抑えられるようになり、また手術後の合併症もほとんどなくなりました。

急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎とは?

急性副鼻腔炎は、カゼ・虫歯・顔面のケガなどを原因として発症する副鼻腔(鼻の周囲、頬の奥や眼の奥にある骨で囲まれた空洞で、鼻の穴とつながっている。)の炎症です。症状として、頭痛、顔面通・顔面腫脹や黄色・緑の鼻汁、鼻づまりなどの鼻症状がみられます。炎症が強い場合は視力障害や髄膜炎(脳膜炎)を引き起こすケースもあります。また、慢性副鼻腔炎に移行する場合もありますので早期に適切な治療が必要です。副鼻腔炎は小児の場合くり返す中耳炎の原因ともなります。耳管は鼻とつながっているため、鼻の調子がよくないと、耳の詰まった感じや痛みを感じることもあります。

治療内容

  1. 適切に治療すれば、ほとんどの方は慢性化することなく良くなります。(しかし、副鼻腔にカビが存在する場合はなかなか治りません。)
  2. 発症後1週間は集中的に通院して下さい。毎日通う必要はありませんが週に2~3回、治療に専念して下さい。発症後、時間がたってから治療を行っても効果はあまり高くありません。また治療が中途半端だと慢性化することが多く、手術が必要となる場合があります。
  3. 治療は、通院による鼻の処置、ネブライザーによる薬の吸入と、薬局から出されたお薬の服用です。通常は1ケ月以上の抗生物質、粘液溶解剤などの内服が必要です。長期間の内服が必要な場合は、マクロライド系の抗生物質の少量投与療法を行います。(新しい治療法で、長期間の内服でも安全です。)
  4. 急性副鼻腔炎はカゼ、花粉症や歯の炎症からおこるものです。花粉症の場合は花粉症の治療、歯の炎症の場合は歯科的治療も併せて必要となります。
  5. 治療の終了は症状の改善、消失により鼻の中を確認して判断します。
ページの先頭へ