くしゃみ・透明な鼻水

鼻アレルギー

鼻アレルギーとは?

繰り返すくしゃみ、水っぽい鼻水、鼻づまりが3主徴です。つまり、風邪も引いていないのにくしゃみ、はなみず、鼻づまりが生じます。症状が1年中ある場合と季節性に症状(これが花粉症です。)がある場合とがあります。原因は、ある特定のアレルギーの原因物質(抗原)に対する抗体が体の中で合成された後、再びそのアレルギー物質にさらされたとき(鼻からその抗原を吸い込んだとき)、上記の症状が生じます。これらの症状は、鼻の中の粘膜でアレルギー反応が起きることによります。原因となる抗原は、日本ではハウスダスト(ダニ)が最も多く、次にスギ花粉、その他にはカモガヤ花粉、ブタクサ花粉、カビ(真菌)等があります。

治療内容

アレルギーの原因が何であれ、アレルギーを抑える為の治療方法は基本的に同じであり、お薬の服用が、最もスタンダードで安全な治療法です。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬(ヒスタミン等の化学物質の遊離を抑制する薬)、ステロイド点鼻薬等を主に使用してゆきます。当院ではこれらの薬を患者さんのそれぞれの症状に応じて使い分け、症状の改善を図ってゆきます。患者さんごとのライフスタイルに合わせて、薬の強さや眠くなりやすさなどを考慮に入れて処方いたします。また、抗アレルギー作用を含有させた当院のネブライザーは、薬液が直接粘膜に届くため、少ない投薬量で高い効果が期待できます。薬をなるべく使いたくない方(妊娠・授乳中の方)や、眠気が強くなりやすい方は定期的な通院をお勧めいたします。

注意事項

現在の医学では残念ながらアレルギーを根本から治療する方法はありません。しかし、お薬の服用や、通院による治療でうまくアレルギー症状をコントロールすれば快適な生活が可能です。また鼻の症状によりレーザー治療をおすすめする場合もあります。長期でのお薬の処方をご希望の方は一度ご相談ください。

ページの先頭へ