鼻の入り口が痛い

鼻前庭湿疹

鼻前庭湿疹とは?

鼻の入口が荒れて、かさぶたができ、かゆみや刺激がある状態のことです。湿疹が主ですが、入口より奥にまで荒れがすすんで、潰瘍ができ鼻血がでることがあります。原因として慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎などで常に鼻水がでており湿った状態で、それをこすったり鼻をかんだりする事でただれて湿疹ができます。

治療内容

湿疹ができている部位が小さいときは、何もしなくても自然になおすことができます。皮ふのかぶれや炎症がひどい場合には軟膏をぬります。鼻水が止まらないなどの、鼻炎の症状がある場合は、鼻炎を治療するお薬を処方します。かゆいからといって触っていると、なかなか症状は改善しません。

注意事項

絶対にさわらないようにしましょう。かゆみがある場合は病院を受診してください。

ページの先頭へ