治療が必要なほくろ

ほくろには治療が必要なものとそうでないもの、また、保険で治療ができるものとそうでないものがあります。

①ほくろが大きくなっている。ほくろから出血する。(保険診療可)

  • 大きくなっているほくろ
  • 色が均一でない(色むらがある)ほくろ
  • 出血しやすいほくろ
  • 汁がにじみ出るほくろ

 ※上記のような場合は治療が必要です。また症状によっては組織診断検査を行う場合もあります。

②大きく、生まれた時からある。(保険診療可)

 

③刺激が加わりやすい場所にある。(保険診療可)

  • 足の裏や手のひら
  • 唇や鼻の中
  • ひげや髪の毛の中にあり、手入れの際に刺激が加わる
  • 下着の締め付ける位置にある など

④上記以外で見た目が気になる(自由診療)

 

ほくろ治療の料金(保険診療の場合)

 1個1万円程度(3割負担の場合)
   ※ほくろのタイプや大きさ・部位により、治療方法や料金が変わります。

よくあるご質問

Q.保険が効きますか?

 A.美容的な目的の場合は保険適応になりませんが、機能的な問題や悪性の可能性がある場合は保険適用となります。

  診察により判断が必要となります。

Q.ほくろががんになることはありますか?

 A.一般的なほくろが癌化する確率は決して高くはないですが、まれにほくろが癌化することがあります。

  特に刺激の加わりやすい箇所のほくろは注意が必要です。

 

   お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

電話予約

インターネット予約

LINEで受診予約

LINEで手術相談