逆流性食道炎

原因

胃から食道への逆流を防ぐ仕組みが働かなくなったり、胃酸の分泌が増えすぎたりして、胃の内容物が食道に逆流して長くとどまることで起こります。

検査・症状

逆流性食道炎の診断は、問診、内視鏡検査などにより行われます。
逆流性食道炎では、胸やけをはじめとしたさまざまな症状が起こります。
逆流性食道炎と似た症状が、がんや心臓の病気で起こることもあります。
逆流性食道炎は合併症を起こすことがあります。

治療

生活習慣の改善と薬物療法が治療の中心です。重症の場合は手術をすることもあります。
主に胃酸の分泌を抑える薬を使用します。胃酸を中和する薬、粘膜を保護する薬もあります。

ページの先頭へ