味覚障害

味覚障害とは?

何を食べていないのに苦さや甘さ、渋さを感じたり、何を食べてもまずく感じたりします。
この疾患により自分で作った料理の味が濃すぎるといわれることもあります。

治療内容

亜鉛欠乏性味覚障害の場合は、亜鉛剤を内服します。原因が不明な症例においても亜鉛が有効なことがあるため、同様に亜鉛剤を内服する場合もあります。

注意事項

いつも口の中を清潔に保ってください。バランスのよい食事を心がけ、亜鉛を十分に摂取することも大切です。
まずは、医師の指示を守り、定期的な通院を守ってください。お薬が処方されている場合は、用法・用量をしっかりと守って服用してください。

ページの先頭へ