リハビリテーションについて

リハビリテーションについて

リハビリテーションとは?

整形外科で行う外来治療や手術が症状自体の改善を目的としているのに対して、リハビリテーションは症状が原因で引き起こされる「日常生活の障害」を改善するために実施します。

怪我や病気で身体の機能が落ちた状態でも、スムーズに日常生活を送るために行われるのがリハビリテーションです。 300平方の広大なリハビリスペース、PTによる運動療法中心

治療後患部の痛み等を理由に治療前よりも運動量・活動量が減ってしまうと、筋肉が衰えたり関節が固くなってしまい、日常生活に大きな支障を来すことがあります。そのため、医師の判断のもと治療後早い段階からリハビリを行うことは非常に重要です。

リハビリテーションを行う主な症状

  • 首、肩、腰の痛みや違和感
  • 手や足の関節が動かしくにくい
  • スポーツによる障害や怪我
  • 年齢による日常生活への障害
  • 交通事故によるむちうち
  • 手術後の痛み等の症状

主なリハビリテーションの種類

整形外科でのリハビリテーションは大きく分けて①理学療法と②物理療法の2種類があります。
当院では医師の診断のもと、適切なリハビリテーションを提案しています。

①理学療法

国家資格である理学療法士が主となって行うリハビリです。徒手療法や運動療法といった手法でリハビリを行います。

  • 運動療法

    筋力を健康な状態に近づけるための筋力トレーニング、歩行訓練、関節の動く範囲を広げるためのトレーニングなどを行います。運動療法は理学療法士が個別指導します。

  • 徒手療法

    理学療法士の手技による治療です。痛みや機能改善のための治療的マッサージや、筋膜をほぐす筋膜リリースなど、患者さんの状況にあった治療を行います。

②物理療法

低周波治療器や超音波治療器などの専用の機械を用いる治療です。患部に振動や温度(冷ます・温める)などの物理的な刺激を与えることで血流を改善し、患部の痛みを軽減させることを目的としています。
物理療法は理学療法と組み合わせて行う場合もあります。